冷え性のモコモコ靴下

冷え性の人は、とにかく沢山の靴下を履きますよね?
それか、モコモコの靴下…。
そんなに履いて、気持ち悪くないの?と思うような人もいますね。
それくらい、冷え性は辛いものです。

冷え性の症状で多いのが、足。
しかも足を温めると、冷え性の改善になると思われていて、冷え性の人が靴下を履いている率が高いのです。

しかし下手に沢山の靴下の重ね履きをする事で冷え性が治るというのは違います。
うまく冷え性を治すための方法があるのです。

冷え性を治す為の靴下

東洋医学では、足元にも内臓のツボがあると言います。
足元を温めることで、内臓の働きが活発になってくれるので、内臓が温まってきます。
さらに内臓に溜まっていた毒素も体の外に出してくれるのでデトックス効果も感じることができます。
内臓がスッキリし、温められると冷え性が治ってくると言われています。

その為に靴下を履く、という行為は、冷え性を改善するのです。
その中でも冷え取り靴下というのがありますが、その靴下よりも効果が高いと言われているのが「シルク靴下」です。

冷え性をとる、「シルク靴下」とは

シルク靴下はその名の通りで、シルクでできています。
シルクは絹で、絹は蚕の繭ですが、さなぎを守るために繭は、通気性や保湿性など沢山の性質を備えています。
そのシルクで作る事で、通気性に優れ、保湿性、吸湿性、方湿性に優れます。
そして肌触りも良いので、履き心地が良いのです。

足の裏は実は汗っかきで、冷え性の人でも汗をかきます。
その足に汗をかき、その吸収性や方湿性がすぐれているシルクを履くと、汗が溜まらず冷えにならないようになります。

さらに汗を放湿してくれているおかげで、ムレや臭いをなくしてくれるので一石二鳥です。
また冷えにならない靴下の重ね履きの仕方は、

1枚目…絹の5本指靴下
2枚目…木綿かウールの5本指
3枚目…絹の普通靴下
4枚目…木綿の普通靴下
5枚目…木綿の普通靴下

これだけ履いたらモコモコで気になりますよね。
でも、履いて生活している時には気にならなくなります。
さらに、冷え性も解消してくるので、体の調子が上がってきます。

また、夜は、身体が毒を排出する力が高まる時間帯です。
眠っている間に体中の古い細胞が出てきて新しく修復されていくため、夜中にこうしたケアをすることが重要です。
最初は、寝ている時に靴下が欠かせなくなっていますが、毎日履いているうちに、夜脱いでしまうくらいに冷え性が改善されているかもしれません。

冷え性が改善される事で、妊娠できたり、疲労回復が早くなる、自律神経が整える、さらにはダイエット効果も期待できます。
しかし、この冷え取りは一時的なものであるので、本来の冷え性の原因になっているものを探し、冷え性を根本的な改善する事も同時に必要になってきます。

それでも眠れない、体の不調がある人には、シルク靴下を履いて冷え性を早く改善できます。
シルク靴下で、快適生活を。

健康にかけたお金は?

健康になるのには、お金がかかる…そう思っていませんか?
ジムに行く、健康食品を買う等…続いた事はないけれども、たくさんのお金、健康に使ってきませんでしたか?
実は0円で健康になれる方法は沢山あります。
少しでも効果を感じられるように継続する必要ですが、健康は決してお金がかかるものではないのです。

お金をかけない健康法

ウォーキング
歩くことは一番の健康法だと言います。歩き方などは色々言われていますが、とにかく歩くことがいいと言われています。
足の裏にはたくさんのツボがあります。

そのツボを刺激する事で、体の内側から健康になります。
またふくらはぎを伸ばす事で、心臓への負担をかけずに有酸素運動をする事ができます。
違う道を歩いて景色鑑賞をする事で心への潤いです。

ストレッチ
意外に芸能人は、毎日ストレッチで健康維持をしているという人が多いのです。
スタイルを保つにしても、体力維持にしてもストレッチは15分毎日続けるだけでも体の柔らかさや、疲労回復も変わってきます。
気持ち焦らず、ゆっくりやる事がポイントです。

自炊をする
外食ばかりの人は、早死にすると言います。
それだけ添加物、塩分、大量に入っています。
体の負担は相当なものです。

外食をやめただけで、数キロ痩せる、血圧が下がったという人も。
自炊をすると、食べる量も自分で調節できますし、塩分も調節できます。
節約にもなりますしね。

生活リズムを改善する
睡眠は健康に影響します。
質の良い睡眠を取らないと、疲れは取れません。
眠れなくなったりしたときには、心の不調のサインです。
なるべく睡眠をしっかりとるように心がけるのも健康法の一つです。

その為には、夜型でなく朝型にする事。
日があがったばかりの時に起きれば、太陽の光を浴びて、朝という体内時計を認識させます。
そして朝ごはんをしっかりと食べること。
三食決められた時間に食べることで体の体内時計が決ってきます。

そして、なるべく早く寝ること。
夜の10時から夜中の2時はゴールデンタイム。
お肌にもいいですし、自律神経にもよい時間です。
生活リズムを決めるだけで、睡眠の質もあがってくるので、体の調子が上がっていきます。

食生活を変える
よく、和食にすると健康に…というキャッチフレーズを聞いた事がありませんか?
日本人の食が欧米化する事によって、生活習慣病が増えたと言われています。
玄米、魚、野菜。

基本の日本食を毎日食する事で健康に近くなります。
少なくとも生活習慣病にはなりにくくなります。
玄米が慣れないと言う人は、白米と混ぜるタイプから始めるのと違うかもしれません。
毎日無理して食べることはありませんが、なるべく和食を増やすようにする事が理想です。

ふくらはぎをもむ
「ふくらはぎ健康法」というのが流行りましたが、ふくらはぎは大事な血管が通っており、「第二の心臓」と呼ばれることがあります。
やり方は色々ありますが、普通にふくらはぎをもむ習慣をもつだけで、足のむくみがなくなるし、血圧が下がったりと良い事もいっぱいです。
つま先立ちも効果があります。

これだけたくさんの0円健康法があるのですね。
全部やる必要はないですが、一つ一つ習慣にすると、身体の変化を感じることができるでしょう。

りんごを食べると病気知らず

リンゴを1日1個食べる人は、病気知らず…そんな話を聞いた事はありませんか?
確かに、りんごは色々な効能があると言われていて、食べ過ぎはよくないですが、適度に食べると健康に良いと言われています。

そのりんごで作ったジャムが今話題です。
「健康リンゴジャム」と呼ばれていて手作りできるので、やってみたいと思う人も増えています。
ただ、ジャムを作る…となると、多少面倒くさいという感情は出てきますよね?
そのまま食べた方が美味しい…というのも本音ですが、ぜひ、リンゴジャムで美味しくりんごを頂くのもお試ししてみてください。

健康リンゴジャムの作り方

材料
りんご3個
ハチミツ 120g
レモン汁 15g

1. りんごをよく洗ってくし型に切り、種を取り除いてうすくスライスします。
2. 厚手の鍋にリンゴとグラニュー糖を入れて弱火で煮込みます。
3. 水分が出てきたら、レモン汁を加えて、水分がなくなるまで煮ます。
4. 冷めたら、沸騰消毒した瓶などに入れて保存します。

3~4日ほど保存が効きます。
皮をむきたいと思う人も多いかと思いますが、皮に栄養成分が含まれています。皮ごと食べた方が栄養を多く摂る事ができるので、皮ごと調理した方が良いでしょう。
皮の汚れを気になる人は、よく洗ってからの調理がいいですよね。

健康リンゴジャムの効能

りんご自体の効能に、便秘の解消、整腸作用、血圧の高い人や動脈硬化の改善、大腸がん予防、ダイエットなどのデトックス効果が期待できます。

リンゴジャムにしてもその効能の期待値は変わらず、ただ、ジャムにする事で糖分が多く感じると思うので食べ過ぎには注意です。
りんご自体にも糖分が多いので、食べ過ぎには注意とよく言われますが、それはジャムになっても同じで、さらに加糖されているので、食べる量は加減しましょう。

りんごにはアップルペクチンという食物繊維が沢山含まれています。
胃腸にやさしい、便秘や下痢の人がりんごを食べた方が良いと言われているのはそのおかげで、便秘と下痢両方に効果が見込めるのは珍しいのです。
アップルペクチンは、加熱する事で効果を倍増できる事が分かっていますので、ジャムやアップルパイなどのお菓子でも栄養を摂る事ができます。

またカリウムも多く含まれるので、利尿作用があり、むくみの改善になります。
そしてカリウムは不要な塩分を体外に排出させるので、高血圧の人でも気にせず食べられる食べ物です。
むしろ、塩分が外に出ることから血圧の低下を期待できるので、健康リンゴジャムはおススメの食べ物なのです。

また、風邪の時には、喉の痛みの改善、筋肉や臓器が弱っている時など、エネルギー補給にはもってこいの食べ物です。
沢山の栄養素を含んだ食べ物ですので、リンゴジャムはおススメです。

ダイエットにも体にも良いウォーキング

ダイエットにはウォーキングがいいよ、ってよく聞きますよね?
実際に医師も、ダイエットするのにはウォーキングがよい、と言う人が多いです。
ダイエットにもなりますが、体にも良いからなんです。

ウォーキングをする事により基礎代謝が上がります。
新陳代謝があがると、痩せやすい体質になることができます。
基本の消費カロリーがあがっていくのですね。
毎日ウォーキングをしていると、普段の同じ動きでもカロリー消費が上がっているのです。

脳にも良い影響を与えると言います。
認知症の高齢者にウォーキングを勧めた所、認知症の進み具合が遅れてきたという人がいます。
予防にも良いと言われているのはウォーキングですね。

また、ウォーキングは内臓にも良いと言われています。
胃や腸の活動を活発にするので、便秘を解消します。
便秘解消すると、ポッコリお腹で悩んいる人には良いですね。
それこそ、痩せ体質に変化をします。

なぜこういった良い事ばかりかというと、東洋医学では足の裏にツボが沢山あると言われていて、ウォーキングする事で足裏のツボを刺激します。
その事から体の中に変化が表れやすいということです。

その、ウォーキング、続けるのにもなかなか大変です。
まず外にでるのが億劫な人は、毎日でるのも大変…歩くのがしんどくなる、という人も多いかもしれないです。

ウォーキングを続けるコツ

ウォーキングを続けるコツは、まずは週3日くらいで10分くらいから始めること。
徐々に時間を延ばしていきます。
週3から毎日にする必要はないですが、続けていくとだんだんウォーキングしないと気持ち悪い…くらいになってくるので、毎日にする人もいます。

始めはゆっくり、景色を楽しみながらやるのも一つです。
「ねばならない」ように心がけるのが、ウォーキングだけではないですが、色々な事が続くコツのようです。

寒い時期のウォーキングのススメ

また寒いときにウォーキングは厳しいですよね。
しかしダイエットには寒いときこそウォーキングなんです。

どちらかというと、夏の方が汗をかくので、痩せ体質になりやすいイメージがあるかもしれません。
実は、冬の運動は一年で一番痩せやすいのです。
一番新陳代謝があがる時期です。

なぜかというと、寒い時期に体は反応して、熱を上げようとします。
運動する事によって、それが助長され、熱をあげようとしていくのです。
実際に冬にウォーキングしている人の方が

でも出始めはきつい…冬はお休みしたい…。
そんな人は、まず少しだけ運動します。
家の掃除をするだけでも変わってくるそうです。
少し体を動かしてからウォーキングに行くと、寒さを感じる度合いが変わってきます。

また、足もとを温めると、寒さに負けないでウォーキングできそうです。
足の冷えは、寒さをもっと感じさせてしまいます。
足を温めるようにしてから外にでると違ってきます。
靴下を厚めで暖かくするものにしてみると多少変わってきます。

寒いときのウォーキングは猫背になりがち。
猫背や肩をすぼめてあるくと、新陳代謝もあがりにくくなって、さらには肩こりや腰痛の原因になります。
まっすぐ姿勢をよくする事で、ウォーキングの効果は出てきますので、ぜひ実践してください。

ダイエット方法はごまんとある

今、ダイエットに注目し、実践している人は多いです。
身体のコンプレックスを解消するために、または健康を保つためにダイエットをする人が増えてきています。
テレビでもネット上でも、ごまんとダイエット方法があります。
特番の季節になれば、特集を組まれる日も多く、色々なダイエットが次々に出て来ていますよね。

危険なダイエット

しかし、痩せようと思うあまりに、体に悪いダイエットをしている事ありませんか?
とくにダイエットで一番悪いダイエットは「食べない」ということです。
もちろん、食べないことで痩せます。
風邪を引いてご飯が食べられなくなったら、すぐに2~3キロ落ちますよね。

しかし「食べないダイエット」は絶対に危険です。
断食、というダイエット方法もありますが、それはちゃんとルールを守ってやるべきものです。
そして食べないことで体重を減らすやり方は、リバウンドが一番激しいダイエット方法でもあります。
少しでも食べ始めたらすぐに元に戻り始めてしまいます。

また、○○だけダイエットも危険です。
栄養が偏る他、摂りすぎると体に悪い影響がでる場合もあります。
過剰な食事制限のダイエットはどちらにしても体に悪いものです。

簡単にできる良いダイエット

では、体によいダイエットとはどういったものでしょう?
1番は、「運動をする」ことです。
運動は続かないから…という人もいるかと思いますが、激しい運動でなくて大丈夫です。
ストレッチやウォーキングを週3くらいから始めてみるだけでも体が変わってきます。

おススメな運動は「ラジオ体操」。
これを作った人はすごい!と思うくらいにカロリー消費がいいのと、さらに色々な部位が伸びて気持ちいいです。
毎朝ラジオ体操をするだけで、体力がつきますし、新陳代謝もあがるので、痩せやすい体に変わってきます。
朝だけでなく、昼も晩も、ラジオ体操で痩せ体質に変化します。

もちろん、ウォーキングもおススメです。
自律神経が整ってくるので、体の調子がよくなりますし、内臓が活発に動きます。
ダイエットは、気分が落ちることも多いですが、ウォーキングで前向きな心を取り戻します。

あとは「食事の内容を変える」です。
ジャンクフードやお菓子の食べすぎはもちろん控える必要がありますが、食事内容を野菜中心の献立にする事で変わってきます。
肉ばかりを食べる生活から脱出する事です。

これだけで体質はかなり変わってきます。
和食にすると痩せた、という人が多いですが、理想的な健康的痩せ方です。

「よく噛む」のも体に良いダイエット方法です。
1口食べて、何回噛みますか?
もしかして5口くらい?
本来、50回ほど噛む事が理想なんだそうです。

そうすると、噛む事で素材の味を感じるので、塩分を控えて料理しても美味しい。
塩分を控えると、水分を排出する力が出てくるのでむくみもなくなります。

そして噛む事によって、脳内に神経から伝達されて、満腹中枢機能から「もうすぐ満腹ですよ」と早めに信号が来ます。
食べ過ぎ防止になるので、痩せていけれるのです。

今回ご紹介したダイエットは、日々取り入れられるものばかりです。
これを実践するだけで体質は変わっていくのですね。
体にやさしい健康的ダイエットで、キレイになりましょう。

next posts >>