Category: エステティシャンへの道

念願の夢

子どもの頃からの夢を実現する日が、ようやく訪れようとしています。
子どもの頃は、漠然とした夢を持っていた程度のものでした。
美容に関連したことが好きで、美容の仕事をしたいと考えるようになったのです。

年齢が上がっていくにつれて、夢に対する気持ちが固まって、本格的にスクールに通って勉強を続けるようになりました。
本気で美容の業界で仕事をしたいと思うようになっていたため、スクールでの勉強を辛いと感じることはなかったのです。
もちろん、スクールでの日々は決して楽にこなすことができるものではありませんでした。
周りの人たちも真剣な気持ちで勉強を続けているので、必死についていくようにしていたのを覚えています。

同じ夢を持っている人たちと学んでいる環境というのは、とても素晴らしいものでした。
支えあっていく友達でありながら、戦うライバルでもあったのです。切磋琢磨することで、知識を深めていくことができました。

そして、スクールの終盤では、本格的な仕事探しに力を入れるようになっていったのです。
いくら勉強して知識を吸収することができたとしても、それだけで満足することはできません。
仕事が見つからなければ、スクールで勉強してきたことは、全て無駄になってしまうのです。
スクールに在籍している間にすることの中で、最も大切なことは仕事を決めることでした。

これからの夢

将来は、自分でエステの店を開業して、規模をどんどん大きくしていくことを夢見ています。
しかし、最初から独立開業することはできません。最初は、エステの店舗での仕事をしながら、スクールで身につけた知識を活かしていかなければならないのです。

勉強しただけの知識と、現場で学ぶ知識とは、全く異なる性質のものなので、気持ちを切り替えていかなければなりません。
スクール卒業を目前に控えるようになっても、なかなか働く場を見つけることができず、苦悩を重ねる日々が続いていました。

このまま仕事が見つからないまま卒業することになり、夢を諦めなければならないのかと思うと、悔しくて仕方がありませんでした。
しかし、スクール卒業まであと少しというところで、エステ店舗の内定をもらうことができたのです。
とても長い時間がかかってしまいましたが、就職先を決めることができたことに、安心しています。
これで、今後は夢に向かって羽ばたいていくだけです。
勉強してきたことを無駄にしないためにも、少しでも早く一人前になります。

知識の取得

昔から、美容に関する業界に興味を持っていたため、本格的な知識を身につけようとして、努力を続けていました。
中途半端な気持ちで仕事に取り組むのではなく、将来的には自分の店を開業したいと考えているのです。
そのためには、しっかりと勉強をしていかなければならないので、独学で学ぶのではなく、専門のスクールに通うようにしてきました。

美容の業界に携わるためには、さまざまな知識を習得していかなければなりません。
総合的な知識を持っていなければ、お客さんの1人1人に合わせたサービスを提供していくことは不可能なのです。

自分の店を開業することが目標ですが、いきなり開業するということはできません。
数年間にわたってスクールで勉強をした後は、エステの店舗に就職して、しっかりとスキルを高めていくことが必要になります。

必要とされるスキルは、美容関連のスキルだけではありません。
エステというのは、接客業の一種なので、接客のスキルも高めていくことになります。
また、お客さんとのコミュニケーションを図る会話力・対人スキルも重要です。
どれか1つでも欠けていると、美容の業界で本格的な仕事を続けていくことはできません。
自分が担当したお客さんに満足してもらえるようにするには、あらゆるスキルが重要になるのです。

実践から身に着ける

美容のスキルは、一朝一夕で身につくことはありません。
また、スクールに通っているだけで満足することもできません。
スクールに通っている期間というのは、あくまでも準備期間に過ぎないのです。
本当の意味でのスキルを身につけることができるのは、実際の店舗で仕事をするようになってからです。
店舗に就職してからは、研修を受けて、実際の業務に入っていくことになります。

最初のうちは、失敗してしまうことも度々あるものです。
失敗してしまった場合は、きちんと反省をして、次へとつなげていく姿勢を持つことが大切です。
美容の業界に就職してからは、たとえ研修を受けている期間であっても、プロとしての自覚を持っていなければなりません。
自覚を持って仕事に臨むようにしていくことで、スキルアップを図ることができるのです。

店舗で十分な経験を積むことができたら、いよいよ自分の店を開くために行動していかなければなりません。
どのような業界でも、独立開業をすることには高い責任が求められます。
エステでは、お客さんの美しさをサポートする仕事をしていくことになります。
独立して、何をしたいのかを明確にしなければなりません。

朝のお仕事

エステシャンを目指しているので、エステシャンの一日についても知りたいと思い、調べてみました。
ある日の1日の様子について書いてあるものがあったので、じっくりと読みました。
感想としては、大変だなと思ったことと、でも、やり甲斐があると感じたことです。
朝の出勤時間はシフト制のところが多いので、遅番の出勤時間の場合はラッシュに巻き込まれないところがいいなと思いました。

朝、出勤すると、まずはサロン内の掃除や、使用する備品の補充や消毒などを行います。
お茶の用意もして、お客さまが心地よく過ごすことが出来るよう、サロンを整えていきます。

清潔で快適なサロンでなければ、くつろいでもらう事が出来ないので、スタッフによるこうした日々の努力が大切だと強く感じました。
清掃や備品の消毒などが済むと、朝のミーティングです。
朝のミーティングでは予約状況やカウンセリングの状況などを確認します。
スタッフ全員で情報を共有します。

開店業務

開店すると、仕事が本格的に始まります。カウンセリングやお手入れ、次の予約などを行います。
もちろん、ボディケアやフェイシャルエステなどの施術もします。
しっかりとお客さまから話を聞くことがとても大切で、カウンセリングに力を注ぐことが勧められていました。
確かに、肌や身体の調子は個人によって差がありますし、時によっても異なってきます。
それらをきちんと見極めて、カウンセリングを行うことはとても大切です。

その人にあった適切な施術を行うためにも、きちんとしなければならない点です。
業務を行っている間に、空き時間があれば、備品などの整理整頓を行い、少なくなっている備品をチェックして補充したりします。
また、街頭でチラシなどを配ってセールスを行うこともあるようです。
営業時間が終わりになり、すべてのお客さまの施術、カウンセリング、予約などが終わり、出ていかれた後は、スタッフ全員で終礼が行われます。

その日の仕事の内容の反省や、明日の確認などが行われた後、翌日の営業のための準備を行います。
一日の仕事が終わった後、勉強のために学校へ通う人も多いようです。
よりスキルを磨くために頑張っている姿は、素晴らしいと思いました。
なかなか大変でハードな仕事であることは、よくわかっていましたが、ある日の1日を見てより強く感じました。
でも、やり甲斐もある仕事ですし、何よりも好きな仕事です。
スキルを磨いて、しっかりとした良いエステシャンになれるよう頑張っていきたいです。

専門の勉強

美容の業界で仕事をしたいということを、子どもの頃から夢見てきました。
ただ単に美容関連の仕事に就くことができればよいというわけではなく、将来的には自分自身で店を開きたいと考えていたため、真剣な気持ちでスクールに通うようにしたのです。
いくら独学で勉強を続けていても、本格的な知識を身につけることはできないものです。
専門のスクールで、同じ夢を持った人たちと学んでいくことが必要なのだと考えていました。

スクールでの勉強は、決して簡単なものではありません。一般的な学校で学ぶようなものではないのです。
プロとして活躍することを夢見ている人が大勢集まっている場なので、少しでも気を抜いてしまうと、すぐに脱落してしまいます。

最初の頃は、ついていくだけで精一杯でした。
最近は、徐々に慣れてきて、積極的に知識を吸収することができるようになっています。
とはいえ、まだ一人前とは言えないレベルなので、今まで以上に真剣な気持ちを持って勉強していくようにします。
スクールを卒業しても、すぐに独立開業をすることはできないので、最初はエステ業界の店舗に就職することを目指して、就職活動に励んでいかなければなりません。

就職活動を始めるまでの間に、どこまで深い知識を吸収することができるかが、将来の成否を分けると考えています。
スクールでの学習期間は、長いようで短いものなので、わずかな時間でも無駄にすることはできません。

業界調べ

常に必死に勉強を続けているのです。
昔は、美容の業界に関する認識が甘かったので、業界動向などを把握することは考えていませんでした。
しかし、就職するためには、しっかりと動向を把握しておかなければなりません。

最近では、スクールでの勉強をしながら、美容業界についての学習も真剣に行っています。
業界についての知識を身につけておくことが、就職してから大いに役立つ武器になるはずです。
ようやく、本格的に美容の業界に足を踏み入れる準備ができてきたところです。

これからは、エステティシャンとして活躍する日のことを描きながら勉強をしていかなければなりません。
少しでも早く独立開業を果たすためには、就職活動に手間取っているわけにはいかないのです。
スムーズに就職して、早い段階で一人前になれるように努力をしていきます。
子どもの頃から夢見てきたエステの仕事への道を、自分の努力で切り開いていくことが大切です。
エステのプロとしての成功を求めていきます。

接客の基本

エステティシャンには、適性というものもあります。
お店で長く働いていたり、優秀なエステティシャンは、その適性を持っているのです。
まず、明るくどのような方にも態度が変わらない方は、お客様に納得していただけるサービスを提供することができます。

サロンには、いろいろなお客様が来られるのですが、どのお客様にも同じようなサービスを提供することができれば、満足して利用していただくことができます。
また、接客の基本として笑顔を欠かすことはできません。
いつでもにこやかにしていれば、お客様もリラックスして施術を受けることができますし、何か疑問があった時など気軽に聞くことができますので、スムーズなコミュニケーションを取ることもできるでしょう。

エステでも、ほかのお仕事のように、接客に関するスキルが求められますので、この点に気を付けてお仕事を行う必要があるのです。
さらに、適性がある人として重要になるのが、真面目で熱心な性格になります。
エステの世界では、日々新しい機器が導入されていますので、施術を安全に行うためには、機器ごとの使用方法についても正しく知っておかなければなりません。
また、お客様のお肌に直接触れるお仕事になるため、肌に負担なく施術できる方法について身に着けていく必要があるのです。

お客様に合わせる

お肌の質は、それぞれの方によっても大きく変わってきますし、それぞれの肌の質によって施術方法も変わってくる部分がありますので、お肌に合った方法も勉強していくことになります。
このように、覚えることがたくさんありますので、勉強熱心であることは必須になるのです。
これらの点について満たしていた場合、向いてる人としておすすめできるのですが、他にも美容に関しての関心が高くないと、長く働いていくことは難しくなってくるでしょう。

エステでは、ダイエットからフェイスケア、脱毛など幅広い美容に関しての施術を行っています。
笑顔が素敵であったり勉強熱心であっても、美容に関しての興味がないと、根本的なお肌の仕組みであったり、機器の効果を正しく理解することはできません。
美容に関しての技術を豊富に持っていれば、働き始めた際にもある程度の仕組みを理解することができますので、仕事に対しての吸収も早くなり、即戦力として活躍できるようになります。
いつも美容に関してのアンテナを張っている方は、それだけでサロンでの仕事が向いてる人としておすすめできるようになるのです。